ホーム > ガジェット > 新 Apple TV にがっかり

新 Apple TV にがっかり

2010 年 09 月 04 日 コメントをどうぞ コメント

昨日発表された新 Apple TV 、事前のリーク情報どおりで、がっかりしました。

よくある「日本おいてけぼり」みたいなことが残念なのではなく、ましてサプライズがなかった、という話でもありません。私自身の期待する Apple TV から離れてしまったのでがっかり、です。

現行 Apple TV は私にとっては TV に HDMI で接続できる据え置き iPod 、と表現するのがまさにしっくり来ます。

「日本では Apple TV は映画も買えないし、テレビドラマもレンタルできないし、YouTube をテレビでみるしかできないアイテムでは使い道がない」という人もいますが、私には、「iTunes から音楽、iPhoto から写真を自動的に同期してくれて Mac (iTunes)を起動することなしに再生できるすばらしい AV デバイス」です。

ストレージは要る。

一番のポイントとして、ストレージが無くなったことが残念。

音楽、映像、写真といったデジタルコンテンツは、Mac に集約されて管理しています。Mac で管理できるということには満足。でもデジタルコンテンツを楽しむ場所は Mac の前とは限りません。

音楽はリビングのオーディオ機器で再生するので、別の部屋で Mac と iTunes を起動しておいてそこに接続してストリーミング再生、というのは面倒です。現行 Apple TV ならストレージがあるので何十GB もあるすべての音楽ライブラリがコピーされていて、Apple TV 単独で再生できます。

写真も、整理は iPhoto でしていますし iPhoto で見ることもありますが、Apple TV に同期しておくことで、音楽再生中のスライドショー、アルバム単位でのスライドショーなどが可能になります。液晶 TV がデジタルフォトフレームになります。これは来客時、特に両親が来たときに大好評です。我が家では、同期は iPhoto の「人々」から息子氏を指定してあるので、息子氏が顔認識された写真が延々スライドショーされます。写真ライブラリ全体はものすごく大きいので、一部に絞って同期しています。写真も「Mac も iTunes も起動していなくても」Apple TV 単独で再生できるのがポイントです。

「それって iPod Classic でも同じことできるんじゃね?」という声もありそうですが、iPod だと Mac に持っていって同期して、TV のところに戻して設置、のシーケンスを日常的に繰り返さなければなりません。Apple TV は有線/無線 LAN で同期できます。iPhone の同期をするために iTunes を起動すると、勝手に Apple TV を検出して勝手に同期します。ですから、私にとって Apple TV は意識しなくても自然に同期されて最新状態が維持される、リビングにある据え置き iPod なわけです。ついでに言えば Apple TV には HDMI 出力や光デジタル音声出力もあります。iPod にはテレビ出力に専用に表示するメニュー画面も、高解像度のスライドショーもありません。

私の使い方が正しいとか、王道だとかいうつもりもないのですが、少なくとも私にとって現行の Apple TV はストレージがあることで素晴らしい働きをしてくれています。

Apple TV にストレージは、要るのだ!要るのだ…。

理想の Apple TV。

Steve Jobs がスペシャルイベントで挙げた、Apple TV に人々が求めるものは

  • ハリウッド作品とTVドラマ
  • 全部を HD で
  • コンテンツを安く
  • (テレビの横に)コンピュータは要らない
  • ディスク容量を気にしたくない
  • PC との同期が面倒(なのでしたくない)
  • 小型で低騒音・低発熱

だそうです。最初の 4 つはまあそれは違うという人はいないでしょう。そうあるに越したことはないね、というような話。4 点目「コンピュータは要らない」は、Jobs の言った真意からすればその通りです。

「ディスク容量を気にしたくない」「PC との同期が面倒」は同意できないです。それは既に説明したとおり。ディスクはもっと積んで欲しい。現行モデルでは写真は全部転送できてないし。PC との同期なんて、iTunes で管理するデバイスの中ではもっとも簡単。LAN につながってれば勝手にやってくれるんですから。30ピンコネクタつながなくていいわけで。

サイズ・騒音・発熱ももちろん小さい越したことはない。特に熱。現行 Apple TV の熱さはハンパないです。低温火傷しかけました。新しいやつはあそこまで小さくなって本当に熱大丈夫なのか気になるところ。

あと OS は Mac OS X のサブセットから、iOS に切り替えて、サクサク動いてくれるといいのだけど。GUI も今ひとつ Apple としては努力が足りない気もするし。

というわけで、iOS 採用で UI が洗練されてサクサクで、大容量のストレージがある Apple TV がベストです。iOS に切り替えたら、その時は Apple TV から iTV に改名するんでしょうね。ストレージは、新しい Apple TV の背面にあるサービス(修理診断)用の USB 端子で外部ストレージが接続できるようになっていたらいいのかも。(もちろんなっていません)

今回の新 Apple TV は、がっかりなんですが、 Apple らしい割り切りは強く感じます。

現行 Apple TV の在庫は半額に値下げしたようです。12,800 円。ストック用にもう一台買っておくか悩むところです。いや、結構本気に。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


カテゴリー: ガジェット タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。