ホーム > カメラ > LX3 の予備バッテリー(互換品)

LX3 の予備バッテリー(互換品)

2009 年 09 月 08 日 コメントをどうぞ コメント

デジカメやデジタルビデオカメラは予備のバッテリー(充電池)を購入するようにしています。

compatible-battery

少し前にバッテリーの「互換品」なるものを見つけて買ってみたのですが、素晴らしすぎました。

スタミナ。

Panasonic のデジタルカメラは DMC-LX3 が初めてなのでバッテリーがどの程度持つのがよく分からず、 値段も 5,000 円ぐらいはしますので、とりあえず普通に使ってどの程度もつのか予備バッテリーの必要性を確認しようと、本体とは同時購入しませんでした。

こちらが純正品バッテリー、DMW-BCC12 。

battery-1-1

実際に使ってみると、結構すぐに電池残量表示が減ります。少なくとも私の休日の(イベントごとでの)使い方では、一日はとてももたなそうです。こまめに電源を切るなどの対策はせずに様子を見ようとしたということもありますが、思っていたよりも早く減りました。しかし、3 段階の電池マークが 1 個になってしまってからもかなりの間大丈夫そうですし、少し電源切っておいてまた入れると 2 本(時には 3 本)に戻っていたりします(笑)。少々いい加減な印象です。

このあたり、ソニー製品を比較的多く使っているので「インフォリチウム」とか「スタミナバッテリー」と呼ぶバッテリーの動作とは違いがある印象です。ソニー製品のバッテリーだと、すぐに減ることはなく、減った時には本当に減っているというか、電源を入れ直してもたいてい同じです。「あと何分」といった表示もなされます。残量情報のセンシングが正確だと思います。

スペックでみると、SONY DSC-T9 で使うバッテリー NP-FT1 は 680 mAh、DMW-BCC12 は 1090 mAh です。ほぼ見た目の厚みの違い通りで Panasonic が圧倒的に大容量です。ですが DMC-LX3 の方が持ちが悪いと感じられます。デジカメ同士の消費電力の違いがありますし、消費電力の優劣も性能が違うので単純比較できないため、一概に Panasonic が劣っているとは言えません。事実として特定の 2 機種を比べた場合に電池のもちに違いがある印象というだけです。そしてそれは優劣の問題とは関係なく、日常利用での使い勝手に影響しますので気になります。

完全に電池がなくなるまで使い倒すとことは出来なかったのですが、比較的すぐに電池は減る印象があり、電池一本になってしまうと結構気が気ではない小心者なので、予備バッテリーは必須であると感じました。

互換って何。

いずれにしろ買う必要あり判断しましたので、どこが安いか「DMC-LX3」と「バッテリー」で AND 検索すると、互換品の話や、それらを扱うネットショップが次々ひっかかるではありませんか。
純正品が一個 5,000 円ぐらいのところ、2 個で 1,100 円!冗談かと思いました。でもこれだけ減りが早いと、純正品1個より安くて 3 個体勢になるのは悪くないし、ここまで安いと失敗したら純正を買えばよいので、とにかくものは試しと購入に踏み切りました。
こういった互換バッテリーというのは存在自体知らなかったのですが、以前から各社向けにあったものなのでしょうか…..。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

買ってみた。

1,100 円に消費税がついて 1,155 円、送料無料。定形郵便っぽい封筒で届きました。それがこちら。

battery-1-2

純正品にそっくりなケースも付いてきます。

battery-3-1 battery-3-2

しかしなぜ表記が「DIGITAL VIDEO」なのでしょう(謎)。メーカーの挙げる対応機種にもデジタルビデオカメラはありませんが、何か大人の事情によるものでしょうか。容量が純正品 1090 mAh に対して 1200 mAh と少し大きいのは嬉しい誤算でした。容量が大きくても電圧が一緒なので機器にダメージを与えるといったことはないはずです。

純正品と並べてみます。
battery-2-1
battery-2-2

そっくりですね。しかも忘れてはいけないポイント、2個セットです。
battery-4

使ってみた。

見た目使い勝手ともに特に純正品と変わる点はなく、DMC-LX3 にも純正品同様にセットできます。
きちんと比較するつもりで比較していないので感覚的なものですが、充電時間や電池のもち時間については、しばらく使ってみて純正品となんら違いを感じません。容量が 1090 mAh と 1200 mAh というのもあまり違いを体感するほどではありませんね。
しかしデジタルカメラで電池 3 個体勢というのは初めてです。実際 3 個目まで使ったことは実はまだないのですが、電池の減りが早くて残量表示がさほど正確ではないことを考えると、3 個はとても安心感があります。SD カードは 8GB のものを使っていて 10Mpixel でも Jpeg であれば 1,600 枚程度撮影できますので、丸一日めいっぱい使ってもメモリカードも電池も余るほどあるというのは、いいです。
DMC-LX3 をとても気に入って長いつきあいになりそうだからこそ、このバッテリー体勢には満足です。互換バッテリーお勧めです。

おまけ。

ちなみに、ソニー製品のバッテリーも少し高いながら格安の互換品がありました。奥さんがまだ使っている DSC-T9 は、既に純正品の予備バッテリーを持っているので、今回購入はしていません。
ソニーのバッテリーの場合は、インフォリチウムの機能にきちんと対応しているのか技術面からも工業所有権の面からも不安がありますので、その辺を割り切って考えた方がよさそうに思います。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


カテゴリー: カメラ タグ: , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。