ホーム > Mac > WWDC2013 基調講演雑感

WWDC2013 基調講演雑感

2013 年 06 月 13 日 コメントをどうぞ コメント

さて、WWDC の基調講演が終わったわけですが…ハードウェア的には期待はずれすぎました。環境フルリプレースで気合い入れてただけに…。

NewImage
雑感と、直前の買い物計画などあったので、その中間総括など。

Mavericks & iOS 7。

内容なんかはあらゆるところで説明されているので、手短に。
OS X Mavericks はとても期待できますね、普通に楽しみ。ネコ科終了はちょっとびっくりしましたが、地名ってなんだか昔の Mac ハードウェアのコードネームを思い出しますね。Yosemite、Wallstreat、Lombard とか懐かしいです。

iOS 7 は、Cotnrol Centerとか、マルチタスクとか、機能面の進化や開発者向けの API の追加は大変楽しみ。一方、デザインは…いまのところ無理です。ちょっと受け入れかねています。アイコンデザインだけでなく、どうも Helvetica Neue が好きじゃないみたいです、私。
ベータ版をインストールしてみたいんですがインストールできる空き端末がないので、Retina ディスプレイで見てみれば意外といい、使ってみると意外といい、みたいな感想はしばらく無理。iPod touch 5th を奥さんに買ってあげて、貸してるお古の SIM なし iPhone 4 を返してもらおうか思案中。

MacBook Air。

Retina ディスプレイきませんでしたね…。11ac が載ったのは期待通り。期待を超えてきたのは、Intel HD Graphics が 4600 だとばかり思っていたら 5000 だったこと。
バッテリー動作時間を犠牲にしてもいい人用の BTO オプションとして Retina Display を用意して欲しかった…。
というわけで残念ながら期待通りとはいかず。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

MacBook Pro。

まったく発表されないとは思いませんでした…。11ac を載せてくるのに、Pro ユーザを置き去りにすることはないだろうと思っていたのですが、まさかのなし。
Air に Retina が来ない場合には 新 Pro 13″ と思っていたので、計画のアテが大きく外れてしまいましたよ。
Mac Pro と一緒に秋に 4K 対応でリフレッシュ、という予想なども聞こえてきますが、本当でしょうか…現行機も基本スペックは 1年前のもののままですし、新 Air の SSD が PCIe 接続になって爆速というのが各所で話題になっている中、このまま秋まで引っ張るというのはにわかには納得いかない感じですね。でも1ヶ月程度で新型出すなら発表だけして出荷は来月、でもいいわけだし、日本向けには値上げもしてるし、スグにでる感じはしませんね、実際。

Mac mini。

例年 Mac mini は Intel の新ラインナップでてから数ヶ月遅れでアップデートされるので、今回はない可能性高いなと思っていました、予想通りでなにもなし、と。
予定どおり、基調講演を聴き終わった明け方に、アップルストアの価格が値上げしているのを確認して、オンラインショップで値上げ前の価格で購入しました。

Thunderbolt Display。

こちらも出ませんでしたね。秋の MacPro と同時に Thuderbolt2 搭載の 4Kパネル版がでるんですかね。でも 4K は高そうなので、現行の USB3.0 化と MagSafe2 化、低反射ガラス化だけして欲しかったなあ−。
予定どおり、基調講演を聴き終わった明け方に、アップルストアの価格が値上げしているのを確認して、オンラインショップで値上げ前の価格で購入しました。


VESA マウントキットとアームも買いました。アームは Thuderbolt Display を買うなら必ず一緒に導入しようと思っていたので楽しみ。

さて。

とりあえず Mac mini と Thunderbolt Display は買ったので、これで iMac をリプレースするのは間違いなく、問題はノートをどうするか。
現行の Pro Retina を(値上げ後値段で!)買うのか、さらに秋まで待つのか、Air を買ってしまうのか…
まいったなー。


カテゴリー: Mac タグ: , , , , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。