ホーム > Mac > WWDC2013 直前

WWDC2013 直前

2013 年 06 月 10 日 コメントをどうぞ コメント

さて、いよいよ WWDC が今夜とせまっており、仕事が手につきません。

Wwdc2013
発表される iOS7 や OS X 10.9 ももちろん興味ありますが、今回は自宅 Mac 環境のフルリプレースを計画しているので、個人的にはハードウェアの発表に大注目しております。
買うまでの計画を立てるのが楽しいのはいつものことなので、ちょっと発表前のオレオレ計画をメモ的に。

リプレースの動機。

現在の自宅環境は、iMac (20inch, Early 2008)、MacBook (13inch, Aluminum, Late 2008) の2台です。iMac を奥さんが、MacBook を私が使っていて、お互いに不満な点あり。

奥さんは iMac が置いてあるデスクに向かって使わなければならず、仕事をするときには良いのですが、リビングやダイニングでテレビでも見ながらネット、といった使い方ができないのが不満。私は大きな画面で作業ができないので特に開発系のツールを使う時には窮屈なのが不満。

これらの不満を解消するために、二人ともそれぞれ MacBook にし、Thunderbolt Display を導入して大画面を使いたい時や集中して作業したい時には自分のノートを外部ディスプレイにつなぐ、という環境に入れ替えようと思っています。Thunderbolt Display のケーブル1本、というソリューションであれば、デストップ機の利点もノートの利点もパフォーマンスを犠牲にせずに享受できるので、性能アップだけではない改善、大袈裟にいうとライフスタイル変わります、というわけで。もちろん、CPUやGPU、SSDによって体感できるレベルの大幅パフォーマンスアップが期待できるのも超楽しみ、と。

購入予定ハード。

主な購入予定は、

  • MacBook Pro (Retina) 15″
  • MacBook Air 13″ or MacBook Pro (Retina) 13″
  • Mac mini
  • Thunderbolt Display
  • TimeCapsule

です。

Macs

MacBook 2台は奥さんと私用(どっちがどっちを使うかは届いて少し使ってみてから決めるつもり)、Mac mini は iTunes のホームシェアリングのサーバと共有フォルダのサーバとして利用します。
共有フォルダには家族用の iPhoto Library を置くのが一番重要な目的で、それ以外にも家族で共有する各種ドキュメント(年賀状とか住所録とか、スキャンした書類多数などなど)を置きます。今までは一応 iMac に格納していましたが、ノート主体になるとどうしてもファイルサーバ必要になりますね。

11ac。

これまでも Apple は新しい無線 LAN 規格はいち早く導入してきましたし、今回の新機種に次世代 Wi-Fi の IEEE802.11ac が対応するとみてほぼ間違いないと思われます。

11ac

ノート中心で、しかも共有ファイルサーバを置くとなると無線 LAN のスピードはかなり重要なファクターになってきます。特に iPhoto Library を共有ファイルサーバに置いて 2 台の MacBook どちらからでも利用できるようにしようと考えているので、重要です。これが 11ac で有線 LAN 並に高速になると考えると、夢が膨らみますねー。

11ac が載ってきた場合、当然自宅内の無線 LAN 環境も 11ac に置き換える必要がでてきます。ノートが 11ac に対応するのなら、AirMac BaseStation や TimeCapsule も合わせて 11ac 対応の機種が発表されるのは間違いないでしょう。TimeCapsule は初代 500MB 版をずっと使っていて、デュアルバンドにも対応してないしもうそろそろ内蔵 HDD の故障も怖かったりするので、今回あわせてリプレースを考えています。というか、リプレースしないと 11ac 活かせませんし、2 台のノートPC をバックアップできる容量も必要ですしね。

MacBook Pro (Retina) 15inch。

MBP 15インチについては、現行機種の正常進化以上のことはないと思われます。現在の上位モデル、16GB メモリ+512GB SSD 以上のモデルを購入予定。

願わくば、ディスプレイ解像度の 3360 x 2100 対応を期待したいところです。3360 x 2100 は、非RetinaのMacBook Pro で BTO オプションで選べる高解像度ディスプレイ (1680×1050) の Retina版 (@2x) なので、あり得ない話ではないかなあ、と考えています。

Mac Book Air 13inch。

もう一台は、Retina Display が来れば、Air にします。できれば最大メモリも 16G、最大 SSD も 512GB のモデルを用意してほしいところ。

現時点で Air に Retina を載せるかどうかは微妙(バッテリーライフの問題、Air と Pro の棲み分けの問題)という意見も理解できますが、Apple はそこを無理して上を目指す仕様で出してくることがままあります。一方で体験を重視するわりには iPad mini が非 Retina で発売されるというちょっと理解に苦しむ製品戦略があったことも事実で、やっぱり Air に Retina は来年かな、という気もしないでもありません。

Retina Display を BTO オプションとして用意してくれればいいな、と考えています。あるいはその逆で非 Retina を BTO オプションでもよいですが。

Retina 欲しけりゃ Pro を選べばいい、と言われそうですが、逆に Air を Retina にしたら差別化できなくなる Pro 13″ の現行モデルの方に問題がある気がします。Pro 15″ と Pro 13″ はスペックに差がつきすぎているし、Pro と呼ぶには現行 13″ はちょっと残念な子、というのが正直な感想です。
なので、Air に Retina、Pro 13″ は Pro らしいスペックアップで性能で差別化、を期待したいところ。

Thunderbolt Display。

学生時代(かれこれ 20 年ぐらい前ですか…)に猛烈に欲しくて、でも高額すぎて手に入れられなかった MacBook Duo の環境を遂に手に入れられるデバイス(その上今ならパフォーマンスを妥協しなくてもいい)、それが Thunderbolt Display です。

Duoindock256

iMac のようなラミネート加工の薄型モデルで、低反射ガラス、USB3.0、MagSafe2 化した新モデルの発表を期待してます。Retina はないと思いますが、27インチであれば 4K (3840×2160) とまではいわないまでも、現行よりもう少し解像度も高くてもいいんじゃないかなあ、とか。

今夜新型が出ないと分かった場合には、即、為替値上げ前の現行機種をネット通販で滑り込み購入するつもりです(新製品発表の Apple ストアサイト更新で、新製品が出ない商品の価格も100円の新為替レートで価格だけ改訂されるとみています)。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

Mac mini。

今回新モデルの発表があるかどうかもわかりませんが、新機種が出た場合には、値上げと機能差を天秤にかけて新機種にするか現行機種にするか判断します。
有線 LAN を使いますし、ファイルサーバ用途なので現行機種で十分なのですが、何か重要な差分がないとも限らない(例えば新 Thunderbolt Display に出力するには新 Mac miniじゃないと無理だったり、FusionDrive が標準になって割安、など)ので、念のため発表は待ちます。

アップデートがなくても値上げは来ると思いますので、現行機種でよいとなれば、こちらも値上げ前価格でネット通販で滑り込み購入の予定です。

その他。

AppleTVのリプレース(第一世代から現行)、ワイヤレスキーボード導入、MagicTrackpad 導入(いまさら…)、UPS のリプレース、その他周辺機器やソフトの買い換えなども考えていて、今回リプレースに向けて既に購入したものも、これから購入するものもあります。その辺も書けるようなネタがあれば追々書いてみます。

まとめ。

というわけで、超散財するつもりで予算用意したので、今夜の WWDC はかじりつきでチェックする予定です。

  • Mac Book Pro (Retina) 15″ → 正常進化モデル購入。
  • Mac Book Air 13″ → Retina 化されれれば購入。されなければ Pro 13″
  • Mac mini → アップデートがない or 値上げに見合う魅力がなければ、現行機種を現行価格で滑り込み購入
  • Thunderbolt Display → アップデートがない場合は現行機種を現行価格で滑り込み購入
  • TimeCapsule → 802.11ac がくれば購入

wktk が止まらない…


カテゴリー: Mac タグ: , , , , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。