ホーム > おでかけ, 写真 > タ・ト・バ・タトバ・タ・ト・バ

タ・ト・バ・タトバ・タ・ト・バ

2010 年 11 月 21 日 コメントをどうぞ コメント

オーズジョー

よみうりランドに、仮面ライダーオーズショーを観に行ってきました。

義父からもらった株主優待券で。息子氏は OOO 大好きなので、ショーのある日に行こうということにしていました。実際 OOO は私自身も結構楽しんで見ています。悪くないです。しかし私としては、もうすぐ行われる息子氏のピアノ発表会の練習として、100-300mm レンズを試したいというのが本音。写真はすべて同じ席から撮影したもので移動などはしていません。

会場。

会場はよみうりランドEAST。太陽の広場(消防署のイベントのようなものをやっていた)というちっちゃいステージの場合と、こちらの EAST の場合とあるようです。収容人数は100倍以上違いそうです。EAST で半分とまではいきませんが、1/3ぐらい埋まっていた気がします。太陽の広場でライダーショーが見られたら相当近いので、それはそれで楽しめそうではありつつ、EAST にいた人の数を考えると、ものすごい人だかりになりそう…。

会場ステージ(28mm相当・F5・1/1000秒)

会場ステージ(28mm相当・F5・1/1000秒)

あらすじ。

こういうショーは初めて見るのですが(自分が子供の頃見たとしても完全に忘れている)、全体的にコメディータッチなのですね(TV本編よりもはるかに)。わかりませんがショーはえてしてそういうものなのかな、子供が怖がってもまずいし。

最初に登場した宝石店の女店長(?)から生まれたカマキリヤミーが敵。コスチュームは微妙にショー用に簡略化されてるようで。というか、このヤミーしゃべるんですけど…。しかもえらい多弁w。

カマキリヤミー(600mm相当・F5.6・1/1000秒)

それと、ショーのオリジナルでヒトカンドロイド。どうにかなりませんかね、造形的に。鴻上ファウンデーションから提供された極秘のカンドロイドだそうです。

ヒトカンドロイド(600mm相当・F5.6・1/1000秒)

ヒトカンドロイドは変形するとかじゃなくヒトが出てくるようです。ヒト?

アンドロイド(468mm相当・F5.6・1/1000秒)

ヒトじゃないですねえw。ヒト型ってことでアンドロイド、真ん中のゴールド下半身は不完全な個体らしい。金色のはアンドロイドのアンドー君とオーズに名付けられる。

アンドロイド達はカマキリヤミーに操られてオーズを攻撃したりするが、不完全な部分があるアンドー君はオーズになついて、人間を守ろうとしたり、結局操られて戦っちゃったり。残りの二人はアンクが奪われたコアメダルを投入されたりするものの、最終的には良心があってオーズにコアメダルを自発的に返却する始末。

アンドロイド達が正気を取り戻したことで、オーズは力を発揮してカマキリヤミーを倒してめでたしめでたし、という流れでした。

タトバコンボ。

タカ!トラ!バッタ!

タトバコンボ(600mm相当・F5.6・1/1600秒)

タトバコンボ(600mm相当・F5.6・1/640秒)

タトバコンボ(200mm相当・F7.1・1/1300秒)

タトバコンボ(366mm相当・F5.6・1/1000秒)

タトバコンボ(300mm相当・F5.6・1/1300秒)

タカキリバ。

タカ!カマキリ!バッタ!

タカキリバ(354mm相当・F5.6・1/1300秒)

タカキリバ(420mm相当・F5.6・1/1300秒)

タカギリバ(354mm・F5.6・1/1300秒)

タカキリバ(428mm相当・F6.3・1/1600秒)

ガタキリバコンボ。

クワガタ!カマキリ!バッタ!

ガタキリバコンボ(600mm相当・F5.6・1/400秒)

ガタキリバコンボ(600mm相当・F6.3・1/1600秒)

ガタキリバコンボ(492mm相当・F6.3・1/1600秒)

ガタキリバコンボ(600mm相当・F5.6・1/500秒)

ガタキリバコンボ(300mm相当・F6.3・1/1600秒)

アンク。

えーと…。無理があります。終盤布袋に入ってステージ中央に登場するシーンもあります。

アンク(600mm相当・F6.3・1/1600秒)

アンク(600mm相当・F6.3・1/1300秒)

アンク(600mm相当・F5.6・1/1600秒)

というわけで。

ショー自体は親子そろって楽しめました。奥さんには悪いですが、男の子の親でよかったなぁと感じます。息子氏は「アンクは陰から手をだしているだけ」「死んだら次のショーができなくなるから本当は敵も死んでいない」「(コンボチェンジは)後ろに走っていって別の人と交代しただけ。だって変身するとこ見せなかったし、本物じゃないし」など、冷めすぎ。でもすごく喜んでいたし、「がんばれー」などはさかんに言っていたのでよくわかりませんw。終了後のサインとか写真とか、そういうのは別に要らない、グッズも別にいい、と主催者泣かせw。

100-300mm レンズの試し撮りの面でも満足。会場写真の 28mm 相当と他の写真を見比べてもらえば分かりますが、かなりの離れた距離でも 300mm(600mm相当)ならばバストアップで撮れるぐらいなので、発表会会場ではしっかりズームアップして撮れそうです。昨年は DMC-LX3 しか持っていなかったので写真はほとんどが遠景、ビデオカメラの写真が多少アップというぐらいになってしまいましたので、今年は段違いに寄った写真が撮れるはず。問題は F4.0〜という明るさ。三脚は持って行くし、きちんとした会場で照明も当たるので大丈夫だとは思いますが…。あーそういえば先日月を撮ったときに思ったけれど、レリーズ買ったほうがいいかな。

時々ショーの内容は変わるようなので(来月からガタキリバコンボではなくラトラーターコンボの演目になる模様)、また何度か来たいかも。会場で繰り返し流れていた大黒摩季の主題歌が頭から離れないw。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。