ホーム > 家族 > 生え替わり

生え替わり

2010 年 05 月 30 日 コメントをどうぞ コメント

息子氏の乳歯が抜けました。立て続けに 2 本。

ここ 2 週間ほどグラグラしていつ抜けるかという状況だったのですが、水曜日に向かって左側が抜け、本日向かって右側が抜けました。

歯なので「抜ける」という表現を使いますが、実際のところは根が溶けてなくなり、歯茎だけでつながっている状態になるのですね、乳歯が抜ける直前というのは。観察していてよくわかりました。写真は微妙なので割愛。

さて、歯が抜けると上の歯は軒下に、下の歯は屋根の上に投げる、というのは一般的な風習ですよね?私は小さい頃そうしました。永久歯がよく伸びるようにというわかりやすい願掛けから来ているものと思います。

ですが、マンションだと投げるわけにもいきません。どうしたらいいのかなと思っていて、実家にでも持っていて投げさせてもらうかなあと思っていたら、いいものがありました。

奥さんが Amazon で見つけて買ってくれたので知ったのですが、歯の保管箱。

どうなっているかというと、開いてみれば一目瞭然。かわいい。

Amazon のレビューではちゃちいとか高いとかあまり評価がよくないですが、これ素晴らしいと思います。他には見かけませんし、品質もデザインも悪くないと思います。

心配なのは、何かの折にひっくり返してどの歯がどれだかわからなくなってしまう危険性が高いことw。歯のほうに番号か記号か書いておいたほうがいい気がする…。綿じゃなくて粘土的なもので埋め込んだりするのも良さそうではある。

しかし考えてみると私は親からもらったへその緒をもてあましています。正直「イラネ」と。何のために取っておくのかむしろ疑問。しかし親になってみればへその緒も乳歯もしっかり取っておいてあげたくあげたくなります。親の心子知らず。歴史は繰り返す予感が今からします。

将来子供にあげるんじゃなくて自分で持っておけばいいのか。うん、そうなのかも。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


カテゴリー: 家族 タグ: ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。