ホーム > 映画 > 3D な天下分け目の戦

3D な天下分け目の戦

2009 年 08 月 16 日 コメントをどうぞ コメント

1週間前になってしまいますが、息子氏待望の映画を観てきました。

toho
タイトル長いです。
「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー・侍戦隊シンケンジャー 銀幕版
天下分け目の戦」

ネットで座席指定予約ができて子供連れのにはとても便利なので最近映画を見るときにはいつも TOHO シネマズで観ます。今回多少は値段が高いながらも 3D 上映を選択しました。見に行って初めて知りましたが、仮面ライダーは 3D ではなくシンケンジャーのみが 3D でした。

メガネ on メガネ。

後でパンフレットで見たところ商業ベースの邦画では初の 3D 制作作品だそうですね。3D のため長時間の話は無理で、ディケイドは 70 分に対してシンケンジャーは 20 分でした。

映画館での 3D 映画は初めて見たのですが、東京ディズニーランドでみる 3D 映画よりも目には自然(解像度が下がったり、縞模様がちでちらついたりするような印象がない)で、それなりに楽しめました。映画開始の東映のロゴ(岩場で波がバシャー、のところ)も 3D でしたし、エンディング(テレビシリーズと同じものの特別版)は特に立体感というか 3D 感を強調していました。クリアに浮き上がってくるというか、高精細な印象を受けました。

私はメガネ常用ではないものの、運転、映画、ホワイトボード会議、プロジェクター利用ではメガネをかけます。劇場で配られたメガネを自分のメガネの上からかけると、鼻がうまくひっかからないのと目との距離の問題で一部 3D では立体感が出ずに二重に重なって見えるということがあったのがちょっと問題でした。メガネの形は人それぞれなので必ずダメということでもないでしょうし、いろいろ検討されてあのメガネなんだと思いますが。

劇場によって回収されるメガネとそのままもらえるメガネの場合とあるようですが、観に行った劇場は回収でした。

侍戦隊。

sinkenger

息子氏としてはシンケンジャーがメインなので今回は「シンケンジャーの映画」ということで観に行きましたが、たった 20 分でしたからね(笑)。劇場ではライダーの途中で帰りたいと言い出す子や、ライダー怖くてシンケンジャー始まると親が呼びに行く子など見かけました。ライダーはまだ無理だけれどシンケンジャーは好き、というお子さんを持つみなさん大変ですね。うちはライダーは訳もわからないながら普通に観てくれました。ドラマ部分になると途端につまらなくなってしまうみたいです。

シンケンジャーの内容は 20 分で何か特別な話ができるわけもなく、派手さやチャンバラシーンに力を入れたという感じでしょうか。恐竜折神は常時 CG 処理なので、テレビシリーズでは出てこないのかな?もしかして。時間の関係でシンケンゴールドや海老折神、烏賊折神の出番がほとんどないのかと思っていたら、パンフレットによると劇場版の撮影は TV 版でのゴールド登場前なんですね。それでか。

大ショッカー。

decade

上映順としては先だった仮面ライダー。ライダーはどちらかと言えば息子氏よりは私のほうがまだ楽しめることになるわけで、ディケイドの予備知識は少ないながら一応理解できました。ライダーのほうはお祭りノリというか、多少ギャグ入った演出でしたね。テレビ放送を毎週見ているわけではない立場では、結局一番の注目ポイントは昭和ライダーなつかしいとか、ショッカー戦闘員っていつから人間ミサイルになったの、とか(笑)。

でも、あんなまとめ方でいいんでしょうかね。テレビ版の最終回との兼ね合いも気になるところ。今朝のテレビ版放送はアマゾンの世界が終わって劇場版のシーンなども出てきて、最後の世界として他のライダーがディケイドに襲いかかる絵になっていましたねえ。次回予告はちょっと劇場版と違う感じでしたが…(って劇場版以降一応テレビ見ていたりする)。

しかしまあ、ライダー集結は豪華といえば豪華ですがもうこれだけ数が多いとわけわかりませんね。特に平成ライダーは全然知らない上に、複数のフォルムや一つの番組でもライダーが何人もいたり、どれがどれだか。宇宙世紀じゃないガンダムが同じような状態ですね。

あらためて自分の記憶をひもといてみたところ、私自身リアルタイムで見ていたのはスカイライダーとスーパー 1 だけのようです。たぶんスーパー 1 の映画かな、子供の頃にもオールライダー集合みたいな映画を観た記憶があります。そこまで貴重じゃないのかも>大集結。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。